• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

TOURCARD

2013 エキサイト・シリーズ
2013年2月9日(土)~2月23日(土)

開催日 : 02月23日(土)
開始時刻 : 18:00
場所 : 東京・後楽園ホール
住所 : 東京都文京区後楽1丁目3-61
TEL : 03-5800-9999
アクセス : JR総武線水道橋駅より徒歩すぐ
マップ : 会場周辺地図はこちら
チケット : AJP TICKET STORE
観客数 : 2,150人(超満員札止め)

FIGHTCARD

第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負
渕 正信 本間 朋晃
アンディ・ウー 宮本 和志
4分28秒
首固め

第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
KENSO 吉江 豊
リード・フレアー SUSHI
9分31秒
葉隠れ→エビ固め

第3試合 GAORA TV王座前哨戦 タッグマッチ 30分1本勝負
真田 聖也 河野 真幸
中之上 靖文 田中 稔
8分20秒
反則

第4試合 三冠前哨戦 イリミネーションマッチ 時間無制限
船木 誠勝 諏訪魔
ジョー・ドーリング
浜 亮太 佐藤 光留
金本 浩二 MAZADA
13分15秒
レフェリーストップ
《退場順》
①MAZADA②佐藤光留③浜亮太④金本浩二⑤曙⑥船木誠勝
※オーバー・ザ・トップロープを採用。

第5試合 全日本プロレスvsバーニング 5大シングルマッチ 30分1本勝負
大和 ヒロシ 青木 篤志
9分12秒
アサルトポイント

第6試合 全日本プロレスvsバーニング 5大シングルマッチ 30分1本勝負
カズ・ハヤシ 鈴木 鼓太郎
11分7秒
パワープラント→片エビ固め

第7試合 全日本プロレスvsバーニング 5大シングルマッチ 30分1本勝負
征矢 学 潮﨑 豪
4分52秒
ゴーフラッシャー→片エビ固め

第8試合 全日本プロレスvsバーニング 5大シングルマッチ 30分1本勝負
大森 隆男 秋山 準
12分14秒
アックスボンバー→片エビ固め

第9試合 全日本プロレスvsバーニング 5大シングルマッチ 世界ジュニア・ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
近藤 修司 金丸 義信
15分54秒
タッチアウト→片エビ固め
※第34代王者・近藤修司、初防衛に失敗。金丸義信が第35代王者となる。