• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

TOURCARD

40th Anniversary Year SUMMER IMPACT 2012
2012年8月12日(日)~8月26日(日)

開催日 : 08月26日(日)
開始時刻 : 17:00
場所 : 東京・大田区総合体育館
住所 : 東京都大田区東蒲田1丁目11番1号
TEL : 03-5480-6688
アクセス : JR蒲田駅より徒歩15分、京浜急行蒲田駅より徒歩7分
マップ : 会場周辺地図はこちら
チケット : AJP TICKET STORE
観客数 : 3,800人(超満員)

FIGHTCARD

第1試合 全日本プロレス40周年記念 TIME LAG BATTLE ROYAL 時間無制限
ザ・グレート・カブキ 浜 亮太
13分24秒
トラースキック→片エビ固め
<退場順>
①KENSO②アンディ・ウー③SUSHI④MAZADA⑤中之上靖文⑥近藤修司⑦井上雅央⑧渕正信⑨浜亮太
<ルール>
・時間差で選手が1人づつ登場し、ギブアップ、3カウント、ノックアウト、オーバーザトップロープで勝敗を決する。
・負けた選手はその時点で退場となり最後まで残った選手が勝利者となる。
・選手が登場する順番は入場テーマ曲をもって発表となります。

第2試合 獅龍 デビュー20周年記念試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
獅龍 TAKAみちのく
ザ・グレート・サスケ 新崎人生
MEN’Sテイオー ヨネ原人
8分20秒
片エビ固め

第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負
真田 聖也 ジョー・ドーリング
8分2秒
レボリューションボム→片エビ固め

第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負
諏訪魔 KAI
11分52秒
ラストライド→体固め

第5試合 世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
大森 隆男 関本 大介
征矢 学 岡林 裕二
20分43秒
ワイルドボンバー→片エビ固め
※大森隆男&征矢学、2度目の防衛に成功

第6試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
大和 ヒロシ 田中 稔
21分48秒
クロスアームスープレックスホールド
※大和ヒロシ、初防衛に成功

第7試合 カズ・ハヤシ デビュー20周年記念試合 スペシャルタッグマッチ 45分1本勝負
カズ・ハヤシ 武藤 敬司
小島 聡 ジミー・ヤン
20分2秒
パワープラント→片エビ固め

第8試合 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
秋山 準 船木 誠勝
4分37秒
ハイブリッド・ブラスター→体固め
※秋山準、5度目の防衛に失敗。船木誠勝が第45代王者となる。