• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

TOURCARD

2011 SUMMER ACTION SERIES
2011年7月17日(日)~2011年7月31日(日)

開催日 : 07月31日(日)
開始時刻 : 16:00
場所 : 愛知・愛知県体育館
住所 : 〒460-0032 愛知県名古屋市中区二の丸1−1
TEL : 052-971-2516
アクセス : 市役所駅(名古屋市営地下鉄名城線)7番出口より徒歩5分
マップ : 会場周辺地図はこちら
チケット : AJP TICKET STORE
観客数 : 3250人

FIGHTCARD

第1試合 ◆シングルマッチ 30分1本勝負
中之上 靖文 曹 駿
6分16秒
天崩地裂→片エビ固め

第2試合 ◆タッグマッチ 30分1本勝負
カズ・ハヤシ 征矢 学
近藤 修司 BUSHI
12分15秒
逆片エビ固め

第3試合 ◆タッグマッチ 30分1本勝負
ジョー・ドーリング
浜 亮太 レネ・デュプリ
5分56秒
ボディプレス→体固め

第4試合 ◆タッグマッチ 30分1本勝負
船木 誠勝 鈴木 みのる
大和 ヒロシ MAZADA
13分51秒
クロスアームスープレックスホールド

第5試合 世界ジュニア・ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
KAI 田中 稔
24分25秒
スプラッシュプランチャ→片エビ固め
※第30代王者のKAI選手は初防衛に成功

第6試合 ◆世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
グレート・ムタ 太陽 ケア
KENSO 大森 隆男
16分17秒
ダブルニードロップ→片エビ固め
※第59代王者組のグレート・ムタ選手&KENSO選手は初防衛に成功

第7試合 ◆三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
諏訪魔 真田 聖也
28分00秒
ラストライド→体固め
※第43代王者の諏訪魔選手は5度目の防衛に成功