• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

TOURCARD

『2011 プロレスLOVE in 両国 Vol.12』
2011年6月19日

開催日 : 06月19日(日)
開始時刻 : 16:00
場所 : 東京・両国国技館
住所 : 〒130-0015 東京都墨田区横網1-3-28
TEL : 03-3623-5111
アクセス : JR両国駅西口下車徒歩2分、都営両国駅A3出口下車徒歩5分
マップ : 会場周辺地図はこちら
チケット : AJP TICKET STORE
観客数 : 8000人

FIGHTCARD

第1試合 ◆タッグマッチ 30分1本勝負
BUSHI 大和 ヒロシ
宮本 和志 中之上 靖文
5分16秒
ファイヤーバードスプラッシュ→片エビ固め
【見所】
今回の両国のオープニングマッチだな!
世界ジュニアの挑戦権獲得はならなかったが、BUSHI、大和とも着実に力をつけている印象が強いな。タッグマッチだが、両者のプライドがぶつかる試合に期待する。
中之上は結果こそ出ていないが、大日本勢との試合では感情をむき出しにして素晴らしいファイトを見せていた。この4人の中に入っても臆することなく試合をして欲しい。

第2試合 ◆シングルマッチ 30分1本勝負
渕 正信 鈴木 みのる
5分35秒
ゴッチ式パイルドライバー→体固め
【見所】
よりによって両国で鈴木とのシングルマッチか・・・腰の調子も良くないし強気にはなれないな。まぁ鈴木も俺との戦いで油断してるだろうから、そこをいかに攻めるかだろうな。

第3試合 ◆タッグマッチ 30分1本勝負
太陽 ケア ジョー・ドーリング
大森 隆男 レネ・デュプリ
7分48秒
アックスボンバー→片エビ固め
【見所】
馬場さん全日本を知るケア&大森に体のデカイ外人コンビ。昔の全日本を思い出すような顔合わせだな。ケア&大森は世界タッグの挑戦権は得られなかったが、虎視眈々とベルトを狙っているみたいだし“結果”を残して欲しいよな。

第4試合 ◆世界ジュニア・ヘビー級王座決定戦 時間無制限1本勝負
KAI 近藤 修司
25分41秒
スプラッシュプランチャ→片エビ固め
※KAI選手が第30代世界ジュニア・ヘビー級王者となる

【見所】
俺の目には近藤が有利と映るが、ここにきて急成長しているKAIも目が離せないな!KAIは気持ちが強いしちょっとやそっとじゃ屈しないだろう。全日ジュニア3強にKAIが食い込むか、返り討ちにされるか、目が離せない一戦になることは間違いなしだな。

第5試合 ◆アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
関本 大介 真田 聖也
岡林 裕二 征矢 学
21分22秒
ムーンサルトプレス→片エビ固め
※関本大介&岡林裕二組が3度目の防衛に失敗
真田聖也&征矢学が第86代王者王者となる

【見所】
大日本の2人はパワーもテクニックもあり、3度目の防衛戦を向かえ王者の風格も出てきたな。しかし、真田と征矢にはアジアタックを流失させてしまった責任が、奪還への使命となって意地でもアジアの至宝を全日本に取り戻して欲しい!

第6試合 ◆K-1世界王者ブロレスデビュー戦スペシャルシングルマッチ 45分1本勝負
船木 誠勝 京太郎
9分57秒
同締めチキンウイングフェースロック
【見所】
K-1ヘビー級王者の破壊力は想像を絶するほどの破壊力だろうな・・・その京太郎はKOでの勝利を狙っているみたいだな。対する船木は自分のスタルに持ち込みたいとこだが、京太郎は腰が強くなかなか倒れなそうだ・・・そこを百戦錬磨の船木がいかに自分のスタイルに持ち込めるかが勝敗のカギかな。船木にはプロレスの厳しさを身を持って伝えて欲しいとともに、こういう状況下での船木は恐ろしいほどの冷静さと冷酷な面が出るからな!そこにも注目だ!!

第7試合 ◆世界タッグ王座決定戦 時間無制限1本勝負
グレート・ムタ
KENSO 浜 亮太
8分54秒
閃光妖術→体固め
※グレート・ムタ&KENSO組が第59代世界タッグ王者となる

【見所】
この試合はKENSOに注目がいってしまうが・・・ムタとコミュニケーションがとれてないみたいだし、曙&浜が断然優勢だろう!12日の後楽園大会でムタはKENSOに激怒していたし、最悪ムタが魔界から降りてこないことも有り得るな。試合の見所を語るべきなんだろうが、ムタが降臨せず試合自体が成立するかそっちの方が心配だな。

第8試合 ◆三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
諏訪魔 永田 裕志
30分13秒
バックドロップホールド
※第43代王者 諏訪魔選手が4度目の防衛に成功

【見所】
先のチャンピオンカーニバルでは永田がバックドロップホールドで完勝。諏訪魔にとっては屈辱的な敗北となっただろうな。前哨戦の12日の後楽園大会でも目の前でバックドロップホールドを決められ、控室に戻ってきた諏訪魔は怒りに震えていたよ。
互いにバックドロップホールドにこだわりを見せ、論争を繰り広げているがこの戦いで真の使い手が決まるだろうな!俺もバックドロップの名手としてならしているが、チャンピオン諏訪魔の方が破壊力で一歩リードかな。それと諏訪魔!何としてでも三冠の流出だけは避けてくれよ!!