• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

TOURCARD

RISE UP TOUR 2011
2011年5月15日~5月29日

開催日 : 05月15日(日)
開始時刻 : 12:00
場所 : 東京・後楽園ホール
住所 : 〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3-61
TEL : 03-5800-9999
アクセス : JR総武線 水道橋駅より 徒歩すぐ
マップ : 会場周辺地図はこちら
チケット : AJP TICKET STORE
観客数 : 1800人(満員)

FIGHTCARD

第1試合 ◆6人タッグマッチ 30分1本勝負
渕 正信
太陽 ケア 浜 亮太
大森 隆男 BUSHI
10分42秒
ボディプレス→体固め
【渕選手の見所】
曙・浜の大相撲コンビに動きの素早いBUSHIが加わり、パワーとスピードの両方があるチームだ。この試合、俺のチームはケアと大森の頑張りに懸かっているな。大森と組むのは久しぶり。頼りにしているよ。俺は要所・要所で隠し味的なところを魅せていくつもりだ。

第2試合 ◆タッグマッチ 30分1本勝負
近藤 修司 田中 稔
大和 ヒロシ MAZADA
8分20秒
ミノルスペシャル
【渕選手の見所】
ジュニアタッグリーグ戦の延長のような試合だな。近藤&大和組はジュニアタッグで金本&稔組に負けているから、この試合は負けられないだろう。おそらく稔に的を絞って試合を展開していくんじゃないかな。とくに大和はチャンピオンである稔にアピールをしていくだろうし、そこにも注目だな。

第3試合 ◆タッグマッチ 30分1本勝負
鈴木 みのる TARU
佐藤 光留 レネ・デュプリ
8分50秒
ダイビングボディプレス→体固め
【渕選手の見所】
鈴木とTARUの意地の張り合いになるだろうな。真逆のイメージの2人だが、実は似ているところがあるような気がするのは俺だけだろうか・・・。どのように試合が展開していくのか楽しみな一戦だ。佐藤はレネのような体の大きな選手との絡みが少ないから、どのような攻撃を繰り出すのかにも興味がある。

第4試合 ◆6人タッグマッチ 30分1本勝負
真田 聖也 関本 大介
征矢 学 岡林 裕二
中之上 靖文 河上 隆一
12分40秒
タイガースープレックスホールド
【渕選手の見所】
この試合は激しい好勝負が期待できるな。この日のベストバウト候補じゃないかな。アジアタッグ王者チームはスタミナもあるし、期待以上に良いチームだ。中之上にとっても良い経験になるだろうな。真田はこの2人に負けたままでは、全日本のトップになれないと自覚しているだろうし、征矢は負けっぱなしだから意地を見せてほしい。全日本VS大日本、お互いの意地がぶつかり合う試合になるだろうな。

第5試合 ◆タッグマッチ 30分1本勝負
武藤 敬司 KONO
KENSO ジョー・ドーリング
12分48秒
ダブルニードロップ→片エビ固め
【渕選手の見所】
久しぶりの試合となる武藤社長にとっては少し相手が厳しいんじゃないかな。KONOは今乗っているし、ジョーはものすごいパワーがあるからな。ここはぜひKENSOに頑張ってほしいところだな。レフトビンタをフル活動して、KONOからフォールをとってもらいたい。

第6試合 ◆世界ジュニア・ヘビー級選手権次期挑戦者決定戦 時間無制限一本勝負
カズ・ハヤシ KAI
13分23秒
スプラッシュプランチャ→片エビ固め
【渕選手の見所】
ジュニアタッグでは素晴らしい連携を見せてくれた2人だが、シングルとタッグは戦い方が違うからそこをカズ・KAIの2人がどう戦うかに注目だ。シングルではカズの方が奥行きが深い。ただ、ジュニアタッグの決勝戦では最後にKAIがフォールを取って勝利したし、その勢いに乗ってカズを食ってもらいたい。そしてカズには大きな壁になってもらいたい。ジュニアのエースと将来を担うホープの対決、見逃せないな! 

第7試合 ◆タッグマッチ 60分1本勝負
諏訪魔 永田 裕志
船木 誠勝 中西 学
22分42秒
バックドロップホールド
【渕選手の見所】
諏訪魔・船木は全日本最強コンビじゃないかな。チャンピオンカーニバルでは永田に優勝を持っ ていかれたから、全日本として負けられない一戦だ。一方で、中西をパートナーに選んだあたりに永田の本気が感じられるな。諏訪魔と中西のパワー対決、船木と中西の初対決も注目のひとつだな。諏訪魔としてはここで勝って両国に向けて勢いをつけたいところだろうし、勝つ以外ないな。全日本ファンの為にも勝利をしてほしい。