• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

PLAYER

潮﨑 豪
名前 : 潮﨑 豪
生年月日 : 1982年01月21日
出身地 : 熊本県熊本市
身長 : 183cm
体重 : 110kg
デビュー : 04年7月24日 東京・ディファ有明vs秋山準&橋誠(パートナーは本田多聞)
タイトル : 世界タッグ、GHCヘビー級、WLW世界ヘビー級、FIP世界ヘビー級、AAA世界タッグ
入場テーマ : ENFONCER/アンフォンセ
ブログ : Here we GO!
ツイッター : goshiozaki54039
得意技 :

ゴーフラッシャー

豪腕ラリアット

デビュー直後からヘビー級のホープとして期待され、05年1月には七番勝負を行う。08年2月にアメリカ武者修行に出発し、FIP世界ヘビー級、WLW世界ヘビー級王座を獲得し二冠王に。08年12月に凱旋し、09年に入ると5月に三沢と「グローバル・タッグリーグ」で優勝。6月、力皇との決定戦を制しGHC王者となる。10年、新日本1・4東京ドームで敗れた棚橋弘至に7・10有コロでリベンジ。8・22有コロでは中邑真輔を撃破した。9・26武道館では杉浦に挑戦するも後一歩及ばず。11年2月、谷口とのタッグを本格始動。3・5有コロでは左手薬指骨折をしながらタッグ王座に挑戦した。シングル王座奪回を目指す。
2012年を持ってノアを退団しフリーになる。2013年2月より「バーニング」として全日本マット本格参戦。3月世界タッグを戴冠。4月のチャンピオン・カーニバルでは諏訪魔と白熱の試合を展開しベスト4となる。