• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

PLAYER

金丸 義信
名前 : 金丸 義信
生年月日 : 1976年09月23日
出身地 : 山梨県甲府市
身長 : 173cm
体重 : 85kg
デビュー : 96年7月6日 愛知・江南市民体育館vs浅子覚&志賀賢太郎(パートナーは井上雅央)
タイトル : 世界ジュニア、GHCJr.、GHCJr.タッグ、IWGPJr.タッグ、WEWタッグ
入場テーマ : MAXIMUM2.1
ブログ : 一歩一歩。
ツイッター :
得意技 :

タッチアウト

元高校球児。ノアジュニアの第一人者として安定した実力で、GHCJr.王座最多の6度の戴冠記録を持つ。08年7・13博多で鼓太郎と組みJr.タッグ王者となると1年以上同王座を保持。09年、Jr.タッグ王者として『第3回日テレ杯』で優勝。『第1回ジュニア・リーグ』でもライガーを下し優勝すると、自身3度目となるジュニア二冠王となる。鼓太郎の負傷で10年1月にGHCJr.タッグを返上したが、シングルは7・10有コロで丸藤、ドイツ&イギリスで防衛戦を行ない、9・26武道館ではKENTAの挑戦も退けた。12・5武道館で鼓太郎に破れ王座陥落。
2012年を持ってノアを退団しフリーになる。2013年2月より「バーニング」として全日本へ本格参戦。初戦でいきなり世界ジュニア王座を奪取。