• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

PLAYER

KAI
名前 : KAI
生年月日 : 1983年05月20日
出身地 : 神奈川県横浜市
身長 : 177cm
体重 : 100kg
デビュー : 2007年2月22日 YAMATOをパートナーに、対トラウマ1号&2号戦
タイトル : 世界ジュニア
入場テーマ :
ブログ : KAIの今日も晴れるや!
ツイッター : kai0222
得意技 : スプラッシュプランチャー

LAT

2007年2月に修行先のメキシコでデビュー。2008年2月に凱旋帰国を果たすと、その年の『ジュニア・ヘビー級リーグ戦』では初出場ながら初優勝を飾った。2011年6月に世界ジュニアを初戴冠。同年の『ジュニア・タッグリーグ戦』『ジュニア・ヘビー級リーグ戦』『世界最強タッグ決定リーグ戦』と3つのリーグ戦を制覇という快挙を成し遂げた。しかし、10.23両国ではDDTのケニー・オメガに敗れ、世界ジュニアを奪われてしまう。2012年5月には因縁の相手・ケニーを下し、7ヵ月ぶりに世界ジュニア王座奪還に成功した。8月に同王座から陥落するとヘビー級転向を目指すと宣言し長期欠場。2013年3月17日両国大会にて肉体改造を経ての復帰。4月に開催された「チャンピオン・カーニバル」では準優勝と躍進した。