• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

PLAYER

青木 篤志
名前 : 青木 篤志
生年月日 : 1977年09月25日
出身地 : 東京都大田区
身長 : 170cm
体重 : 85kg
デビュー : 05年12月24日 東京・ディファ有明vs田上明&三沢光晴(パートナーは太田圭則)
タイトル : アジアタッグ、AAA世界タッグ、GHCJr.タッグ
入場テーマ : Fight it out
ブログ : 思いつきで変わるやつ
ツイッター : a_a_a_aoki
得意技 :

アサルト・ポイント

高校、自衛隊とレスリングで活躍し、00年に社会人オープン選手権69kg級で優勝。05年5月に入門。デビュー戦で三沢&田上を相手に度胸の良さを見せた。07年12月から"閃光十番勝負"がスタートし、結果こそ1勝9敗だったが急成長。09年は新日本『THE BEST OF SUPER Jr.XVI』に出場、さらにはIWGPJr.王座にも挑戦した。10年は4月に潮﨑とAAA世界タッグを獲得、10月にはKENTAと組み第4回日テレ杯で優勝、12・24ディファでGHCJr.タッグを奪回するなどジュニアトップ戦線に。11年1・15大阪では小峠篤司&原田大輔の"桃の青春タッグ"に初防衛、3・5有コロで小川&マルビンを下しV2を果たしたが、丸藤の欠場により王座返上。鼓太郎&石森とユニットを結成し打倒『NO MERCY』を誓う。
2012年を持ってノアを退団しフリーになる。2013年2月より「バーニング」として全日本マット本格参戦。4月にはアジアタッグを戴冠。