• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

TICKET

太陽ケア選手、ハワイで経営学を取得の為に長期休業宣言〜太陽ケア、武藤敬司、内田社長会見

本日、後楽園大会試合終了後に太陽ケア選手が武藤敬司選手、内田雅之社長とともに会見を開いた。

来年より経営学を学ぶ為にハワイのビジネススクールに4年間通う事を発表。

それに伴い来年1月2日&3日の後楽園大会を最後に長期離脱する事も決定。

会見に同席した武藤敬司選手、内田雅之社長ともに“ミスター全日本プロレス”太陽ケア選手の決断に理解を示し、バックアップを宣言。

ケア選手の戻るべき場所として全日本プロレスをさらに発展させケア選手復帰を待ちつつ、ケア選手の決断にエールを送った。

 

太陽ケア

「私はプロレスが大好きですが、少し経営学を学びたくて大学に行こうと思い長期休暇を頂こうと心に決めました。経営学を学んで何になりたいか漠然的なものでまだ分かりません。勉強を始めてから色々と考えます。デビューして18年間、培ってきた経験がある。色んなレスラー、会社の人と会ってきた。それを活かして人生のゴールを見つけて行きたい。プロレスが大好きなので、その経験を活かしたい。引退とかそういう事ではありません。」

 

武藤敬司

「俺が全日本に来てちょうど10年。全日本に関しては先輩だよな。ケアが現場から離れるのは非常に寂しい部分はあるけど、新しいレスラーの可能性というか見本になって欲しい。内田さん、全日本の社長やってもらったら?それぐらい器量を持って努力して頑張ってもらいたい。今回タッグを組んだ真田もケアの影響を受けてるからね。ケアイズムも凄く浸透してるので、教えられた事を選手が活かして頑張ってくれると思う。ケアはこっちの事を心配しないで一生懸命頑張ってもらいたい。」

 

内田社長

「この話を聞いた時、寂しく非常に残念に思ったのですが、彼自身ずっとプロレスをやって来た中で新たな自分の糧としてそういうビジネススクールで経営学を学ぶ事は応援したくなる事。全日本プロレスとしては寂しいですけど勉強を頑張ってもらって、トレーニングもしてもらって、ケアさんがいつでも戻って来れる体制を作って影ながら応援したいと思ってます。」

2012/11/30(金)