• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

HISTORY

世界最強タッグ 2013年優勝

世界最強タッグ 2013年優勝
諏訪魔&ジョー・ドーリング組

1977年の「世界オープンタッグ選手権」に代わり、タッグマッチのリーグ戦で勝負する「世界最強タッグ決定リーグ戦」。今では年末恒例のシリーズとなっている。その名の通り、タッグ最強チームを決定する大会なのだが、数々の名コンビは世代を超えて今でもなお語り継がれていくのは、シングルにはないタッグの魅力である。

CHAMPION

◇第36回(2013年)
優勝 諏訪魔&ジョー・ドーリング組
準優勝 潮﨑豪&宮原健斗組

◇第35回(2012年)
優勝 大森隆男&征矢学組
準優勝 諏訪魔&ジョー・ドーリング組

◇第34回(2011年)
優勝 真田聖也&KAI組
準優勝 船木誠勝&河野真幸組

◇第33回(2010年)
優勝 KENSO&KONO組
準優勝 諏訪魔&浜亮太組

◇第32回(2009年)
優勝 武藤敬司&船木誠勝組
準優勝 諏訪魔&河野真幸組

◇第31回(2008年)
優勝:小島聡&天山広吉組
準優勝:諏訪魔&近藤修司組

◇第30回(2007年)
優勝:武藤敬司&ジョー・ドーリング組
準優勝:小島聡&諏訪魔組

◇第29回(2006年)
優勝:小島聡&天山広吉組
準優勝:諏訪魔&RO\'Z 組

◇第28回(2005年)
優勝:ババ・レイ&ディーボン組
準優勝:武藤敬司&曙組

◇第27回(2004年)
優勝:太陽ケア&ジャマール組
準優勝:小島聡&カズ・ハヤシ組

◇第26回(2003年)
優勝:小島聡&カズ・ハヤシ組
準優勝:ジャマール&ジャスティン・クレディブル組

◇第25回(2002年)
優勝:小島聡&太陽ケア組
準優勝:武藤敬司&アニマル・ウォリアー組、天龍源一郎&ビッグ・ジョン・テンタ組

◇第24回(2001年)
優勝:武藤敬司&太陽ケア組
準優勝:川田利明&長井満也組

◇第23回(2000年)
優勝:スティーブ・ウイルアムス&マイク・ロトンド組
準優勝:川田利明&渕正信組

◇第22回(1999年)
優勝:小橋建太&秋山準組(2度目)
準優勝:スタン・ハンセン&田上明組

◇第21回(1998年)
優勝:小橋建太&秋山準組
準優勝:スタン・ハンセン&ベイダー組

◇第20回(1997年)
優勝:川田利明&田上明組(2度目)
準優勝:三沢光晴&秋山準組

◇第19回(1996年)
優勝:川田利明&田上明組
準優勝:三沢光晴&秋山準組

◇第18回(1995年)
優勝:三沢光晴&小橋建太組(3度目)
準優勝:川田利明&田上明組

◇第17回(1994年)
優勝:三沢光晴&小橋建太組(2度目)
準優勝:スタン・ハンセン&ジャイアント馬場組、川田利明&田上明組

◇第16回(1993年)
優勝:三沢光晴&小橋建太組
準優勝:スタン・ハンセン&ジャイアント馬場組

◇第15回(1992年)
優勝:三沢光晴&川田利明組
準優勝:テリー・ゴディ&スティーブ・ウイルアムス組、スタン・ハンセン&ジョニー・エース組

◇第14回(1991年)
優勝:テリー・ゴディ&スティーブ・ウイルアムス組(2度目)
準優勝:ジャイアント馬場&アンドレ・ザ・ジャイアント組、ジャンボ鶴田&田上明組、
スタン・ハンセン&ダニー・スパイビー組

◇第13回(1990年)
優勝:テリー・ゴディ&スティーブ・ウイルアムス組
準優勝:スタン・ハンセン&ダニー・スパイビー組

◇第12回(1989年)
優勝:天龍源一郎&スタン・ハンセン組
準優勝:ジャンボ鶴田&谷津嘉章組

◇第11回(1988年)
優勝:スタン・ハンセン&テリー・ゴディ組
準優勝:ジャンボ鶴田&谷津嘉章組

◇第10回(1987年)
優勝:ジャンボ鶴田&谷津嘉章組
準優勝:天龍源一郎&阿修羅・原組、スタン・ハンセン&テリー・ゴディ組、
ブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカ組、ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組

◇第9回(1986年)
優勝:ジャンボ鶴田&天龍源一郎組(2度目)
準優勝:スタン・ハンセン&テッド・デビアス組

◇第8回(1985年)
優勝:スタン・ハンセン&テッド・デビアス組
準優勝:ジャイアント馬場&ドリー・ファンク・ジュニア組
ジャンボ鶴田&天龍源一郎組
長州力&谷津嘉章組
ハリー・レイス&ジェシー・バー組

◇第7回(1984年)
優勝:ジャンボ鶴田&天龍源一郎組
準優勝:スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ組、ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組、ハリー・レイス&ニック・ボックウインクル組

◇第6回(1983年)
優勝:スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ組
準優勝:ジャイアント馬場&ドリー・ファンク・ジュニア組、ジャンボ鶴田&天龍源一郎組

◇第5回(1982年)
優勝:ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組(2度目)
準優勝:ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組、スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ組

◇第4回(1981年)
優勝:ブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカ組
準優勝:ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組、ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組

◇第3回(1980年)
優勝:ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組(2度目)
ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組

◇第2回(1979年)
優勝:ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組
準優勝:ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組

◇第1回(1978年)
優勝:ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組
準優勝:ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組