• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

HISTORY

第92代 アジアタッグ王者

第92代 アジアタッグ王者
鈴木鼓太郎&青木篤志

1955年11月、日本プロレスが、アジアのシングル、タッグの両王者を決定するべく、アジアの強豪5選手を来日させ、『アジア選手権』を開催。優勝者が初代王者に認定された。タッグ部門のトーナメント決勝は、1955年11月16日、蔵前大会。キング・コング、タイガー・ジョキンダー組が力道山、ハロルド坂田組を破り、初代王者となる。正式な名称は、オールアジアタッグ選手権。実に55年以上の歴史を持つ、日本最古のベルトである。

CHAMPION

【第92代 】 鈴木鼓太郎&青木篤志
2013年4月25日 愛知・名古屋国際会議場 防衛回数4回

【第91代 】 田中稔&金本浩二(2度目) 防衛回数1回
2013年2月10日 福岡・博多スターレーン

【第90代 】 大和ヒロシ&佐藤光留
2013年1月26日 東京・大田区総合体育館 防衛回数0回

【第89代 】 田中稔&金本浩二
2012年10月21日 愛知・名古屋国際会議場 防衛回数2回

【第88代 】 曙&浜亮太組(2度目) 12年9月4日、曙選手の長期負傷欠場により王座返上
2012年 7月1日 東京・両国国技館 防衛回数1回

【第87代 】 関本大介&岡林裕二組(2度目)  
2011年 10月23日 東京・両国国技館 防衛回数6回

【第86代 】 真田聖也&征矢学組(2度目)
2011年 6月19日 東京・両国国技館 防衛回数1回 

【第85代 】 関本大介&岡林裕二組   
2011年 3月21日 東京・両国国技館 防衛回数2回

【第84代 】 真田聖也&征矢学組  
2010年 8月29日 東京・両国国技館 防衛回数2回 

【第83代 】 TARU&ビッグ・ダディ・ブードゥー組 
2010年 4月29日 東京・後楽園ホール 防衛回数1回 

【第82代 】 曙&浜亮太組 
2009年 9月23日 東京・後楽園ホール 防衛回数3回

【第81代 】 鈴木みのる&NOSAWA論外組 
2009年 1月3日 東京・後楽園ホール 防衛回数2回

【第80代 】 佐々木健介&中嶋勝彦組
2006年 6月10日 熊本・三井グリーンランド・レインボードーム(荒尾市) 防衛回数4回

【第79代 】 近藤修司&“brother”YASSHI組
2005年 6月19日 東京・後楽園ホール 防衛回数1回
王座決定トーナメント決勝戦で本間朋晃&中嶋勝彦組に勝利

【第78代 】 ブキャナン&リコ組
2005年 2月2日 東京・後楽園ホール 05年5月27日、リコの引退により王座返上

【第77代 】 長井満也&成瀬昌由組
2004年 11月3日 東京・両国国技館 防衛回数2回

【第76代 】 天龍源一郎&渕 正信組
2004年 5月22日 東京・後楽園ホール

【第75代 】 グレート・コスケ&獅龍組
2004年 1月2日 東京・後楽園ホール

【第74代 】 ミスター雁之助&黒田哲広組
2003年 12月25日 東京・後楽園ホール 前王者、金村の病気による王座返上によりテングカイザー&葛西純組との決定戦に勝利。

【第73代 】 金村キンタロー&黒田哲広組
2003年 10月10日 東京・後楽園ホール -

【第72代 】 佐藤耕平&横井宏考組
2003年 7月29日 東京・日本武道館 防衛回数2回
前王者、嵐が世界タッグ獲得にともない王座返上。王座決定トーナメント決勝戦で本間朋晃&宮本和志組を破る。

【第71代 】 嵐&荒谷信孝組
2001年 4月13日 東京・日本武道館 防衛回数3回
前王者がノンタイトルであったが、天龍&安生に完敗し王座返上。王座決定戦で長井満也&奥村茂雄を破る。

【第70代 】 嵐&北原光騎組
2001年 9月8日 東京・日本武道館 防衛回数0回
前王者が負傷の為王座返上、王座決定戦で荒谷信孝&奥村茂雄を破る

【第69代 】 垣原賢人&長井満也組
2001年 6月8日 東京・日本武道館 防衛回数0回
前王者が王座返上の為、王座決定戦で永田裕志&真壁伸也を破る。

【第68代 】 本田多聞&井上雅央組
1999年 10月25日 新潟・長岡市厚生会館 防衛回数3回
三沢光晴が活性化のため王座返上。王座決定リーグ戦で(5チーム参加)でジョニー・スミス&マウナケア・モスマン組を破る。参加チーム(本田多聞&井上雅央組、泉田純&浅子覚組、新崎人生&志賀賢太郎組、垣原賢人&池田大輔組、ジョニー・スミス&マウナケア・モスマン組)

【第67代 】 三沢光晴&小川良成組
1999年 8月25日 広島・広島市東区スポーツセンター 防衛回数0回

【第66代 】 大森隆男&高山善廣組
1999年 6月4日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数0回

【第65代 】 ハヤブサ&新崎人生組
1999年 2月13日 東京・後楽園ホール 防衛回数1回

【第64代 】 本田多聞&泉田純組
1998年 10月6日 新潟・新潟市体育館 防衛回数1回

【第63代 】 ウルフ・ホークフィールド&ジョニー・スミス組
1998年 1月9日 鹿児島・鹿児島県立体育館 防衛回数2回

【第62代 】 秋山準&大森隆男組
1995年 1月29日 東京・後楽園ホール 防衛回数12回
カンナム・エキスプレス(ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット)が『世界のベルトを狙いたい』と王座返上。王座決定リーグ戦で(5チーム参加)決勝でボビー・フルトン&トミー・ロジャース組を破る。参加チーム(秋山準&大森隆男組、菊地毅&浅子覚組、本田多聞&泉田純組、ジョニー・スミス&トム・ジンク組、ボビー・フルトン&トミー・ロジャース組)

【第61代 】 ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組(5度目)
1993年 9月9日 埼玉・大宮市民体育館 防衛回数4回

【第60代 】 パトリオット&ジ・イーグル組
1993年 6月2日 栃木・小山ゆうえんちスケートセンター 防衛回数0回

【第59代 】 小橋建太&菊地毅組
1992年 5月25日 宮城・宮城県スポーツセンター 防衛回数3回

【第58代 】 ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組(4度目)
1991年 7月26日 千葉・松戸市運動公園体育館 防衛回数4回

【第57代 】 ジョー・ディートン&ビリー・ブラック組
1991年 7月18日 東京・後楽園ホール 防衛回数0回

【第56代 】 小橋建太&ジョニー・エース組(2度目)
1991年 7月8日 大阪・大阪府立体育会館第2競技場 防衛回数0回

【第55代 】 ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組(3度目)
1991年 4月20日 東京・後楽園ホール 防衛回数2回

【第54代 】 ダイナマイト・キッド&ジョニー・スミス組
1991年 4月6日 大阪・大阪府立体育会館 防衛回数0回
ジョニー・エースが負傷により王座返上。王座決定戦で小橋健太&菊地毅組を破る。

【第53代 】 小橋建太&ジョニー・エース組
1990年 9月7日 福井・福井市体育館 防衛回数1回
前王者が王座返上の為、王座決定戦でトミー・ロジャース&ボビ-・フルトン組を破る。

【第52代 】 仲野信市&田上明組
1990年 6月5日 千葉・千葉公園体育館 防衛回数0回
タイガーマスク(三沢光晴)が『もっと上を狙いたい』と王座返上。王座決定戦でデイビーボ-イ・スミス&ジョニー・スミス組を破る。

【第51代 】 タイガーマスク&小橋健太組
1990年 4月9日 岡山・岡山武道館 防衛回数1回

【第50代 】 ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組(2度目)
1990年 3月2日 愛知・霧島スポーツセンター 防衛回数1回

【第49代 】 サムソン冬木&川田利明組(3度目)
1989年 10月20日 愛知・愛知県体育館 防衛回数1回

【第48代 】 ダグ・ファーナス&ダニー・クロファット組
1989年 6月5日 東京・日本武道館 防衛回数2回

【第47代 】 サムソン冬木&川田利明組(2度目)
1988年 9月15日 東京・後楽園ホール 防衛回数3回

【第46代 】 仲野信市&高野俊二組
1988年 9月9日 千葉・千葉公園体育館 防衛回数0回

【第45代 】 サムソン冬木&川田利明組
1988年 3月9日 神奈川・横浜文化体育館 防衛回数2回

【第44代 】 マイティ井上&石川隆士組(2度目)
1987年 7月30日 東京・東村山市民スポーツセンター 防衛回数2回

【第43代 】 阿修羅・原&スーパー・ストロング・マシーン組
1986年 10月30日 青森・青森県営体育館 防衛回数0回

【第42代 】 マイティ井上&石川隆士組
1985年 10月31日 静岡・鶴岡市体育館 防衛回数2回

【第41代 】 寺西勇&保永昇男組
1985年 防衛回数1回
アニマル浜口の負傷により寺西勇が新パートナーに保永昇男を指名。それにより新王者チームに認定される。

【第40代 】 アニマル浜口&寺西勇組
1985年 7月18日 東京・後楽園ホール 防衛回数0回

【第39代 】 佐藤昭雄&石川隆士組
1985年 4月15日 長崎・長崎国際体育館 防衛回数0回
防衛戦を直前にして阿修羅・原が蒸発したため王座返上。王座決定戦でアニマル浜口&栗栖正伸組を破る。

【第38代 】 阿修羅・原&石川隆士組
1984年 2月16日 長崎・長崎国際体育館 防衛回数2回

【第37代 】 マイティ井上&阿修羅・原組
1983年 2月23日 大阪・高石市大阪臨海スポーツセンター 防衛回数7回
佐藤昭雄が負傷により王座返上。王座決定戦でグレート小鹿&大熊元司組を破る。

【第36代 】 佐藤昭雄&石川隆士組
1981年 6月11日 東京・後楽園ホール 防衛回数5回

【第35代 】 ケビン・フォン・エリック&デビット・フォン・エリック組
1981年 5月23日 東京・後楽園ホール 防衛回数0回

【第34代 】 グレート小鹿&大熊元司組(4度目)
1979年 5月31日 秋田・能代市体育館 防衛回数6回
防衛期間の6ヶ月を過ぎたため王座返上。王座決定戦でスウィート・ウイリアムス&ボブ・ミラー組を破る。

【第33代 】 グレート小鹿&大熊元司組(3度目)
1978年 2月22日 岐阜・岐阜市民センター 防衛回数0回

【第32代 】 マイティ井上&アニマル浜口組
1977年 11月6日 東京・後楽園ホール 防衛回数4回

【第31代 】 グレート小鹿&大熊元司組(2度目)
1977年 6月16日 東京・後楽園ホール 防衛回数2回

【第30代 】 高千穂明久&サムソンクツワダ組
1976年 10月21日 福島・福島県営体育館 防衛回数2回

【第29代 】 ジェリー・オーツ&テッド・オーツ組
1976年 10月2日 東京・後楽園ホール 防衛回数0回

【第28代 】 グレート小鹿&大熊元司組
1976年 3月26日 韓国・ソウル特別市文化体育館  防衛回数3回
3年ぶりに同タイトルが復活、王座決定戦で呉大均&洪武雄組を破る。

【第27代 】 グレート小鹿&松岡厳鉄組
1973年 3月3日 大阪・東大阪市近大記念会館 防衛回数1回
吉村道明の引退により王座返上。王座決定戦で、キラー・カール・クラップ&クルト・フォン・スタイガー組を破る。

【第26代 】 吉村道明&坂口征二組
1971年 12月12日 東京・東京体育館 防衛回数9回
アントニオ猪木が日本プロレス除名により王座剥奪。王座決定戦でドリー・ファンク・ジュニア&ディック・マードック組を破る。

【第25代 】 吉村道明&アントニオ猪木組(3度目)
1969年 10月30日 岐阜・岐阜市民センター 防衛回数15回
防衛戦の試合内容を不服として外国人チームからのクレームによりいったん王座預かりとなり、再戦にてブラッド・オースチン&ミスター・アトミック組を破る。

【第24代 】 吉村道明&アントニオ猪木組(2度目)
1969年 8月9日 愛知・愛知県体育館 防衛回数3回
大木金太郎がアジア・ヘビー級王座に専念のため王座返上。王座決定戦によりクラッシャー・リソワルスキー&アート・マハリック組を破る。

【第23代 】 大木金太郎&アントニオ猪木組
1969年 2月3日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数2回
吉村道明がアメリカ遠征のため王座返上。王座決定戦でトム・ジョーンズ&バスター・ロイド組を破る。

【第22代 】 吉村道明&大木金太郎組(3度目)
1968年 7月30日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数4回

【第21代 】 スカル・マーフィー&クロンダイク・ビル組
1968年 7月8日 東京・東京スタジアム 防衛回数0回

【第20代 】 吉村道明&大木金太郎組(2度目)
1968年 1月6日 大阪・大阪府立体育会館 防衛回数0回
アントニオ猪木がインター・タッグ奪取により王座返上。王座決定戦でビル・ミラー&レイ・ハンター組を破る。

【第19代 】 吉村道明&アントニオ猪木組
1967年 5月26日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数3回
大木金太郎が負傷により王座返上。王座決定戦でフリッツ・フォン・エリック&アイク・アーキンス組を破る。

【第18代 】 吉村道明&大木金太郎組
1966年 12月3日 東京・日本武道館 防衛回数4回
ジャイアント馬場がインター2冠王になったため王座返上。王座決定戦でエディ・モレア&ターザン・ゾロ組を破る。

【第17代 】 吉村道明&ジャイアント馬場組
1966年 7月1日 広島・広島県営体育館 防衛回数4回

【第16代 】 キラー・カール・コックス&エディー・グラハム組
1966年 6月27日 愛知・名古屋市金山体育館 防衛回数1回

【第15代 】 吉村道明&ヒロ・マツダ組
1964年 5月28日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数1回

【第14代 】 キラー・カール・コックス&ジョー・カロロ組
1966年 5月23日 宮城・仙台市宮城県営スポーツセンター 防衛回数0回
豊登の体調不良による休養で王座返上。王座決定戦で吉村道明&ジャイアント馬場組を破る。

【第13代 】 豊登&ジャイアント馬場組(2度目)
1964年 7月15日 静岡・駿府会館 防衛回数3回

【第12代 】 ザ・デストロイヤー&ビリー・レッド・ライオン組
965年 6月3日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数1回

【第11代 】 豊登&ジャイアント馬場組
1964年 5月29日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数7回

【第10代 】 ジン・キニスキー&カリプス・ハリケーン組
1964年 5月14日 神奈川・横浜文化体育館 防衛回数0回

【第9代 】 豊登&吉村道明組
1964年 2月20日 愛知・名古屋市金山体育館 防衛回数1回

【第8代 】 力道山&豊登組 (4度目)
1963年 5月6日 札幌 防衛回数6回
豊登が負傷のため王座返上。王座決定戦でフレッド・アトキンス&キラー・コワルスキー組を破る。

【第7代 】 力道山&豊登組(3度目)
1960年 7月1日 大阪・豊中市大門公園 防衛回数2回

【第6代 】 バディ・オースチン&マイク・シャープ組
1960年 6月4日 大阪・大阪府立体育会館 防衛回数1回

【第5代 】 力道山&豊登組
1960年 2月15日 東京・両国日大講堂 2 防衛回数0回

【第4代 】 ルター・レンジ&リッキー・ワルドー組
1962年 2月3日 東京・両国日大講堂 防衛回数0回

【第3代 】 力道山&豊登組
1960年 6月7日 愛知・名古屋市金山体育館 防衛回数12回

【第2代 】 フランク・バロア&ダン・ミラー組
1960年 6月2日 大阪・大阪府立体育会館 防衛回数0回
初代王者コンビがチーム解散により王座返上。王座決定戦で力道山&吉村道明組を破る。

【初代】 キングコング&タイガー・ジョキンダー組
1955年 11月16日 東京・蔵前国技館 防衛回数0回
王座決定戦で力道山&ハロルド坂田組を破る。