• 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!! 年末恒例のビッグイベント「世界最強タッグ決定リーグ戦」38回目を数える今大会は、現・世界タッグ王者チームの“Evolution”諏訪魔&ジョー・ドーリング組が制覇!特に諏訪魔選手は過去10回出場、その中で6度の準優勝を果たしながら、なかなか手にすることのできなかった優勝の栄冠。ついにその夢のトロフィーを手にしたことにより、ますます手の付けられない存在となっていくことが予想されます。決勝で涙をのんだXceed、王者組に唯一土をつけた秋山&大森組、他、どのチームもこのままEvolutionの独走を許すとは思えない中、次の後楽園大会そして来年のニューイヤーウォーズでどんな動きがあるのか?引き続きご注目ください!!

HISTORY

第66代 世界タッグ王者

第66代 世界タッグ王者
諏訪魔&ジョー・ドーリング組

 1988年6月10日、日本武道館大会で、PWF認定世界タッグ王者チームのジャンボ鶴田・谷津嘉章組がインターナショナルタッグ王者チームのロード・ウォリアーズとの統一戦に勝利を収める。2日後の12日に渡米したジャイアント馬場はNWA・PWFのトップと会談を持つ。日本に帰国した馬場は6月27日に記者会見を行い、NWA・PWFの了解を得て、統一タッグ王座を世界タッグ王座と称することを発表した。

CHAMPION

【 第66代 】諏訪魔&ジョー・ドーリング組
2013年10月22日新潟・三条市栄体育館 防衛回数0回

【 第65代 】秋山準&潮﨑豪組
2013年3月17日東京・両国国技館 防衛回数3回

【 第64代 】大森隆男&征矢学組(3度目)
2012年11月30日東京・後楽園ホール 防衛回数2回

【 第63代 】大森隆男&征矢学組(2度目) 
2012年6月17日東京・後楽園ホール 防衛回数3回
※『2012世界最強タッグ決定リーグ戦』に向け王座返上

【 第62代 】真田聖也&ジョー・ドーリング組 
2012年5月20日福岡・アクロス福岡 防衛回数0回 

【 第61代 】大森隆男&征矢学組 
2012年3月20日東京・両国国技館 防衛回数0回 

【 第60代 】ダーク・オズ&ダーク・クエルボ組 
2011年10月23日東京・両国国技館 防衛回数3回

【 第59代 】グレート・ムタ&KENSO組 
2011年6月19日東京・両国国技館  防衛回数1回
※曙&浜亮太組との王座決定戦に勝利

【 第58代 】KONO&ジョー・ドーリング組
2011年2月6日東京・後楽園ホール 防衛回数1回
※2011年6月3日、王座剥奪

【 第57代 】太陽ケア&曙組
2010年7月4日大阪・大阪府立体育会館 防衛回数3回

【 第56代 】武藤敬司&船木誠勝組
2010年1月3日東京・後楽園ホール
※武藤敬司選手の膝の負傷により返上

【 第55代 】太陽ケア&鈴木みのる組
2008年6月28日 大阪・大阪府立体育会館 防衛回数4回

【 第54代 】 武藤敬司&ジョー・ドーリング組
2008年1月3日 東京・後楽園ホール

【 第53代 】 小島聡&TARU組
2007年8月26日 東京・両国国技館

【 第52代 】 川田利明&太陽ケア組
2007年2月17日 東京・両国国技館

【 第51代 】 太陽ケア&ジャマール組
2005年1月16日 大阪府立体育会館 防衛回数3回
※吉江豊&棚橋弘至組との王座決定戦に勝利

【 第50代 】 永田裕志&ケンドー・カシン組
2004年6月12日 名古屋・愛知県体育館 防衛回数0回
※04年12月12日、王座剥奪

【 第49代 】 小島聡&カズ・ハヤシ組
2004年1月18日 大阪府立体育会館 防衛回数1回

【 第48代 】 武藤敬司&嵐組
2003年6月8日 横浜文化体育館 防衛回数5回

【 第47代 】 小島聡&太陽ケア組
2002年12月6日 東京・日本武道館 防衛回数0回
※『2002世界最強タッグ決定リーグ戦』に優勝し、王座獲得

【 第46代 】 ブライアン・アダムス&ブライアン・クラーク組
2002年7月17日 大阪府立体育会館 防衛回数1回
※アダムスのボクシング転向により王座返上

【 第45代 】 武藤敬司&太陽ケア組
2001年10月22日 新潟市体育館 防衛回数2回

【 第44代 】 天龍源一郎&安生洋二組
2001年7月14日 東京・日本武道館 防衛回数2回

【 第43代 】 太陽ケア&ジョニー・スミス組
2001年1月14日 東京・後楽園ホール 防衛回数3回
※川田利明&渕正信組との王座決定戦に勝利

【 第42代 】 川田利明&田上明組(6度目)
2000年6月9日 東京・日本武道館 防衛回数0回
※大森隆男&高山善廣組との王座決定戦に勝利。00年6月16日、田上の全日本プロレス退団により王座返上

【 第41代 】 ベイダー&スティーブ・ウィリアムス組
2000年2月20日 兵庫・神戸ワールド記念ホール 防衛回数0回
※00年4月7日、ベイダーの左腕骨折により王座返上

【 第40代 】 小橋建太&秋山準組(2度目)
1999年10月23日 名古屋・愛知県体育館 防衛回数2回

【 第39代 】 三沢光晴&小川良成組
1999年8月25日 広島市東区スポーツセンター 防衛回数0回

【 第38代 】 大森隆男&高山善廣組
1999年7月23日 東京・日本武道館 防衛回数0回

【 第37代 】 ジョニー・エース&バート・ガン組
1999年6月9日 仙台・宮城県スポーツセンター 防衛回数0回

【 第36代 】 小橋建太&秋山準
1999年1月7日 高知県民体育館 防衛回数1回

【 第35代 】 川田利明&田上明組(5度目)
1998年1月25日 神奈川・横浜文化体育館 防衛回数4回

【 第34代 】 小橋建太&ジョニー・エース組(2度目)
1997年10月4日 名古屋・愛知県体育館 防衛回数0回

【 第33代 】 スティーブ・ウィリアムス&ゲーリー・オブライト組
1997年7月25日 東京・日本武道館 防衛回数1回

【 第32代 】 小橋建太&ジョニー・エース組
1997年5月27日 札幌中島体育センター 防衛回数0回

【 第31代 】 川田利明&田上明組(4度目)
1997年1月17日 長野・松本市総合体育館 防衛回数1回

【 第30代 】 スティーブ・ウィリアムス&ジョニー・エース組
1996年9月5日 東京・日本武道館 防衛回数1回

【 第29代 】 三沢光晴&秋山準組
1996年5月23日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数2回

【 第28代 】 川田利明&田上明組(3度目)
1996年2月20日 盛岡・岩手県営体育館 防衛回数0回

【 第27代 】 スタン・ハンセン&ゲーリー・オブライト組
1996年1月24日 長野・松本市総合体育館 防衛回数0回

【 第26代 】 川田利明&田上明組(2度目)
1995年6月9日 東京・日本武道館 防衛回数3回

【 第25代 】 三沢光晴&小橋建太組(2度目)
1994年12月10日 東京・日本武道館 防衛回数2回
※『94世界最強タッグ決定リーグ戦』に優勝

【 第24代 】 三沢光晴&小橋建太組
1993年12月3日 東京・日本武道館 防衛回数2回
※『93世界最強タッグ決定リーグ戦』に優勝。『94世界最強タッグ決定リーグ戦』に向け王座返上

【 第23代 】 スタン・ハンセン&テッド・デビアス組
1993年9月3日 東京・日本武道館 防衛回数1回
※『93世界最強タッグ決定リーグ戦』に向け王座返上

【 第22代 】 川田利明&田上明組
1993年5月20日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数2回

【 第21代 】 テリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムス組(5度目)
1993年1月30日 千葉県体育館 防衛回数0回

【 第20代 】 三沢光晴&川田利明組(2度目)
1992年12月4日 東京・日本武道館 防衛回数0回
※『92世界最強タッグ決定リーグ戦』に優勝

【 第19代 】 ジャンボ鶴田&田上明組
1992年3月4日 東京・日本武道館 防衛回数2回
※『92世界最強タッグ決定リーグ戦』に向け王座返上

【 第18代 】 テリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムス組(4度目)
1991年12月6日 東京・日本武道館 防衛回数0回
※『91世界最強タッグ決定リーグ戦』に優勝

【 第17代 】 三沢光晴&川田利明組
1991年7月24日 金沢・石川県産業展示館 防衛回数1回
※『91世界最強タッグ決定リーグ戦』に向け王座返上

【 第16代 】 テリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムス組(3度目)
1991年7月6日 神奈川・横須賀市総合体育館 防衛回数0回

【 第15代 】 スタン・ハンセン&ダニー・スパイビー組
1991年4月18日 東京・日本武道館 防衛回数2回

【 第14代 】 テリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムス組(2度目)
1990年12月7日 東京・日本武道館 防衛回数2回
※『90世界最強タッグ決定リーグ戦』に優勝

【 第13代 】 ジャンボ鶴田&ザ・グレートカブキ組
1990年7月19日 福井・武生市体育館 防衛回数0回
※90年7月30日、カブキの全日本プロレス退団により王座返上

【 第12代 】 テリー・ゴディ&スティーブ・ウィリアムス組
1990年3月6日 東京・日本武道館 防衛回数1回

【 第11代 】 天龍源一郎&スタン・ハンセン組(3度目)
1989年12月6日 東京・日本武道館 防衛回数0回
※『89世界最強タッグ決定リーグ戦』に優勝

【 第10代 】 天龍源一郎&スタン・ハンセン組(2度目)
1989年10月20日 名古屋・愛知県体育館 防衛回数0回
※『89世界最強タッグ決定リーグ戦』に向け王座返上

【 第9代 】 ジャンボ鶴田&谷津嘉章組(5度目)
1989年7月22日 金沢・石川県産業展示館 防衛回数1回

【 第8代 】 天龍源一郎&スタン・ハンセン組
1989年7月11日 北海道・札幌中島体育センター 防衛回数0回

【 第7代 】 ジャンボ鶴田&谷津嘉章組(4度目)
1989年2月2日 米国カンサス州カンサスシティ、メモリアルホール 防衛回数7回

【 第6代 】 スタン・ハンセン&テリー・ゴディ組(2度目)
1988年12月16日 東京・日本武道館 防衛回数0回
※『88世界最強タッグ決定リーグ戦』に優勝

【 第5代 】 ジャンボ鶴田&谷津嘉章組(3度目)
1988年8月30日 大阪府立体育会館 防衛回数0回
※『88世界最強タッグ決定リーグ戦』に向け王座返上

【 第4代 】 天龍源一郎&阿修羅・原組
1988年8月29日 東京・日本武道館 防衛回数0回

【 第3代 】 ジャンボ鶴田&谷津嘉章組(2度目)
1988年7月31日 北海道・函館市千代ヶ台陸上競技場 防衛回数0回

【 第2代 】 スタン・ハンセン&テリー・ゴディ組
1988年7月29日 群馬・高崎市中央体育館 防衛回数0回

【 初代 】 ジャンボ鶴田&谷津嘉章組
1988年6月10日 東京・日本武道館 防衛回数0回
※PWFタッグ王者としてインタータッグ王者・ロード・ウォリアーズとの王座統一戦に勝利